外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は24日、世界経済見通しを改定し、債務危機の深刻化に伴いユーロ圏の12年の実質国内総生産(GDP)が前年比0・5%減と、09年以来3年ぶりにマイナス成長に陥るとした。ユーロ圏は「緩やかな景気後退(局面)に入るとみられる」と警告。日銀が同日、11年度の日本の実質成長率がマイナスになると発表するなど、欧州危機が世界経済を圧迫する構図が鮮明になった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信