外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は25日、2013年度の国内総生産(GDP)の成長率見通しを、物価変動の影響を除いた実質で2・5%程度、景気実感に近い名目は2・7%程度とする方針を固めた。民主党政権下の昨年8月時点で試算していた実質1・7%、名目1・9%からいずれも上方修正。28日の閣議で了解する。大型の緊急経済対策が成長率を押し上げ、海外景気も改善に向かうと想定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信