外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 内閣府が9日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比0・9%増、このペースが1年続くと仮定した年率換算で3・8%増となった。設備投資がプラスとなったことから、速報値の年率2・6%増から上方修正された。プラス成長は3四半期連続。今回のGDP改定値は、消費税率を予定通り引き上げるかどうかの判断材料となる。経済指標の面では増税に向けた環境が整いつつある。

共同通信