外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 犯罪捜査で警察が容疑者の居場所を割り出す際、容疑者が持つ携帯電話の衛星利用測位システム(GPS)情報を活用する捜査手法を導入することが1日、警察庁などへの取材で分かった。現在も携帯電話の電波から基地局との距離を測定する方法で数百メートルの範囲まで調べることができるが、GPSの利用で特定の地点まで割り出すことが可能。警察庁は「振り込め詐欺容疑者の拠点の特定に有効」などとして導入を検討していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信