外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 警察庁は10日、ゴールデンウイーク期間中(4月27日~5月6日)に山で遭難して21人が死亡、1人が行方不明になったと発表した。死者・行方不明者の合計は昨年より3人減ったが、事故は37件増の141件、遭難者は52人増の185人、負傷者も30人増えて83人だった。死者・行方不明者はいずれも50歳以上で、負傷者も40歳以上の中高年が76%を占めた。警察庁担当者は「無理のない計画を立ててほしい」と呼び掛けている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信