外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 インターネットで申し込むと届く器具を使い、自分で採取した微量の血液を郵送すればエイズウイルス(HIV)感染の疑いがあるかどうか調べられる民間会社の「郵送検査」で、2011年の利用件数が10年に続き6万件を超え、過去最多の約6万5千件に上ったことが24日、厚生労働省研究班の調査で分かった。データが収集できた中で最も古い01年は約3600件で、約18倍に増加した。費用は1件当たり2千円台から7千円台。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信