外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同】国際原子力機関(IAEA)は8日、イラン西部アラクで建設中の実験用重水炉に使う重水の生産施設を査察した。同施設への査察は2011年8月以来。イランとIAEAが11月に合意した内容の初めての履行で、IAEAはイランの核兵器開発疑惑の全容解明に向けた一歩にしたい考えだ。

共同通信