外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【テヘラン共同】核兵器開発疑惑解明のため、イランを訪問していた国際原子力機関(IAEA)の高官級調査団は21日、イラン当局者との協議を終え、2日間の日程を終了した。イラン側の代表を務めたソルタニエIAEA担当大使は「今後も協議を続ける」との見通しを示した。イラン学生通信などが伝えた。調査団が求めていたとされる核関連施設への立ち入りや核専門家との面会は実現しなかったとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信