外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)は1日、核安全保障に関する初めての閣僚会議を開催、核テロなどの脅威を「引き続き懸念する」と表明し、核施設をサイバー攻撃から守るなどの核安全保障体制強化に向けてIAEAに指針の作成や拡充を要請する閣僚宣言を採択した。宣言はほかに、核の保安体制確保のための国際的な協力や支援の重要性を強調。加盟国に対し、保安体制を評価する調査団の自発的な受け入れも求めた。

共同通信