外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京電力福島第1原発の廃炉に向けた作業を視察し、助言するため来日した国際原子力機関(IAEA)調査団のフアン・カルロス・レンティッホ団長は15日、都内で記者会見し、相次ぐ地下貯水槽からの汚染水漏れなど東電の一連のトラブルについて「滞在中に担当者とよく討論して助言したい」と述べた。会見後、調査団は東電や経済産業省資源エネルギー庁と会合を開き、東電などの担当者らから意見を聞いた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信