外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米科学者らでつくる「憂慮する科学者同盟」のグレゴリー・カラキ上級アナリストは4日までに、米国による核搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の即時発射警戒態勢解除が、核軍縮の「実現可能で意義ある一歩になる」と強調、日本政府に賛同と、オバマ米政権への働き掛けを求めた。

共同通信