外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国軍関係者は30日、北朝鮮が発射実験を行うことを示唆する大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、弾頭を大気圏内に再突入させる制御技術が北朝鮮にはなく、これを獲得するには「相当な時間が必要だ」と述べ、当面の脅威ではないとの考えを示した。

共同通信