外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国際通貨基金(IMF)は10日、世界金融安定報告を発表し、欧州債務危機の拡大で安全資産とされる日本国債に買いが集まり国内銀行の国債保有高が増えていることで、金融が不安定になる恐れが日本で高まっていると警告した。報告は、2011年に24%だった国内銀行全体の国債保有率は17年までに30%に高まると試算。国債保有のリスクが集中することは「日本の金融安定を脅かす中心課題だ」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信