外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】IMFは4日公表した雇用と成長に関する報告書で、日本で女性の労働参加率が低いと指摘。高齢化に対応するため女性の就業を拡大すべきだと提言した。報告書は、高齢化と労働人口の減少によって日本の経済成長や財政の安定が妨げられると警告。2010年現在で63%の女性の労働参加率を、G7の平均以上の70%に引き上げると、潜在成長率が0・25ポイント上昇すると試算を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信