ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

IMF、緩和長期化の副作用懸念

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は17日発表した世界金融安定報告で、日米欧の中央銀行が採用する異例の金融緩和の長期化で超低金利が続き、民間投資は収益性が高くリスクの大きい資産に向かい、金融が不安定化する副作用が懸念されると分析した。報告は一方で「異例の緩和策は、総需要を維持する上で不可欠な支援」だとも強調。銀行監督の強化を通じ「過剰な信用供与が生じないよう監視が必要だ」と指摘し、金融緩和の効果と副作用をめぐる政策運営の難しさを示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。