外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は5日、ローザンヌで理事会を開き、2004年アテネ五輪のドーピング再検査で新たに違反が発覚した男子砲丸投げ優勝のユーリー・ビロノク(ウクライナ)ら陸上メダリスト4人を失格処分とし、メダルの剥奪を決めた。男子ハンマー投げで室伏広治(ミズノ)に次ぐ2位となったイワン・チホン(ベラルーシ)らもメダルを失う。全員から筋肉増強剤が検出された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信