外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【上海共同】中国企業が米アップルの多機能端末iPad(アイパッド)の販売差し止めを求めた訴訟の審理が22日、中国上海市の裁判所で開かれた。中国企業は「私たちの商標権を侵害された」と主張。訴えられたアップルの上海での販売会社も、全面対決する姿勢を示した。訴えを起こした情報技術(IT)企業「唯冠科技」は「00年には商標を使っていた。今でも商標権は私たちにある」と主張。上海での販売差し止めを求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信