外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、肝細胞のもととなる肝幹前駆細胞を大量に増やす技術の開発に、大阪大と独立行政法人医薬基盤研究所のチームが成功し、3日付の米科学誌に発表した。肝細胞は肝不全を治療する再生医療や、開発した医薬品の毒性を調べるため、大量に必要とされる。同研究所招聘プロジェクトリーダーの水口裕之大阪大教授は「安定供給の実用化に大きく貢献できる」と話した。

共同通信