外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 薬剤を分解する働きを持つ肝臓の細胞を人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作り、薬剤が肝臓に毒性を示すかどうかを体外で調べる手法を開発したと、大阪大と独立行政法人医薬基盤研究所のチームが10日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

共同通信