外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日米の規制当局が、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜細胞の製造販売に向け、承認審査の基準を共通化する方向で合意したことが9日、分かった。手続きを効率的に進められるようにし、国内外での治療の実用化を促進するのが狙い。2年以内に整備する。対象となるのは、目の難病「加齢黄斑変性」の治療に使うiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞。

共同通信