外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った薄膜状の心筋細胞のシートに、心拍が乱れる不整脈の症状を起こすことに京都大の中辻憲夫教授らのチームが成功し、30日付の欧州心臓病学会誌に発表した。抗不整脈薬を投与すると症状が抑えられた。チームは、さまざまな組織や臓器の細胞になる能力があるiPS細胞を利用し、心筋シートで不整脈の症状や改善状況を体外で再現したのは初めてとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信