ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

iPS心筋移植、初の臨床応用

 【ニューヨーク共同】重い心不全患者の肝臓から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、心筋細胞に成長させて移植する治療を今年に入って6人の患者に実施したと、米ハーバード大の森口尚史客員講師が10日明らかにした。今年のノーベル医学生理学賞受賞が決まった京都大の山中伸弥教授が2007年に人間の皮膚からiPS細胞を作って以来、臨床応用は世界初とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。