ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

iPS治療の形跡なしと米病院

 【ボストン共同】米マサチューセッツ総合病院は12日、iPS細胞を使った治療が病院で実施された形跡は見つからず、そうした研究の承認申請が倫理委員会に提出されたこともないとする声明を発表し、森口尚史氏の主張を全面的に否定した。過去に森口氏とiPS細胞に関する論文の共著があるレイモンド・チャン医師から聞き取り調査し、「チャン医師は、森口氏が今回発表した治験の経緯について何も知らない」と説明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。