外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 細胞同士が集まるよう促す働きを持つヒトのタンパク質を使い、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)や胚性幹細胞(ES細胞)を大量、安全に増やす方法を京都大と大阪大のチームが開発し、4日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。従来の増殖法よりも簡便に、細胞の数を1カ月間で200倍以上に増やせた。再生医療への応用に役立つと期待される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信