外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 体のあらゆる細胞になるマウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)や胚性幹細胞(ES細胞)を、種の異なるラットに入れ、ラットの体内でマウスの膵臓を作ったと東京大などのチームが25日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。膵臓を糖尿病のマウスに移植すると、正常に働き症状が改善した。別の種類の動物で臓器を作り、移植の治療効果を確かめたのは世界初。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信