ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

iPS臨床を承認、網膜再生

 厚生労働省の審査委員会は26日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って目の網膜を再生する臨床研究を承認した。がん化の可能性を減らすなどの条件を付けたが、国での審査は実質的に終了した。上部の部会と厚労相の了承を得て、理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーらが先端医療センター病院(神戸市)で実施する。患者は6人を想定、募集は年内にも始まる見込み。iPS細胞を患者に適用する世界初の臨床研究となる見通し。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。