外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 サッカーJリーグは20日、東京都内で記者会見し、2017年からの放送権について、スポーツのデジタルコンテンツ事業を展開する英国のパフォーム・グループと26年まで10年間、約2100億円の契約を結んだと発表した。現行のスカパーJSATなどとの年間50億円から大幅に増額となり、Jリーグによると日本のスポーツ放送権料で過去最高額となる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信