外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 J1仙台は4日、仙台市内で臨時取締役会を開き、東電福島第1原発事故の影響で休部したサッカー女子、プレナスなでしこリーグの東京電力を移管先として受け入れることを正式に決定。東電とは基本合意しており、仙台は来季、2部に当たるチャレンジリーグに加盟する。仙台の白幡社長は、チームの正式発足後に仙台でプレーした千葉泰伸氏の監督就任を発表、チーム名については「ベガルタ仙台レディースになると思う」とした。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信