外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本オリンピック委員会(JOC)は25日、2020年東京五輪招致の不正疑惑を調べる外部の調査チームのメンバー3人を発表し、座長を立教大法学部教授で弁護士の早川吉尚氏が務めることになった。弁護士の宍戸一樹氏、公認会計士の久保恵一氏も入った。26日に初会合を開く。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信