外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道登別市のJR室蘭線鷲別駅構内で7月、普通列車の20代の男性運転士が停止信号の見落としで作動した自動列車停止装置(ATS)の非常停止措置を無断で解除、ホームまで運行していたことが6日、JR北海道への取材で分かった。社内規定では指令センターに報告し、指示を仰がなければならなかった。ホームまでの間、ATSが機能せず、前に列車があれば追突などの恐れがあった。実際は運転士が目視で安全を確認していた。

共同通信