外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR北海道が国土交通省に「レール幅などの検査データが本社と現場で食い違っていた」と説明していたことが12日、同省への取材で分かった。太田昭宏国土交通相は12日の閣議後記者会見で「(改ざんが)事実であれば誠に遺憾」と批判し、鉄道事業法に基づき11日夜から札幌市内の本社に立ち入り調査をしていることも明らかにした。

共同通信