外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR北海道は19日、相次ぐ特急の出火事故への対応として、列車の編成車両数を減らしてメンテナンスに余裕を持たせるなどとした再発防止策をまとめ、国土交通省に報告した。国交省を訪れた同社の小山俊幸常務は、滝口敬二鉄道局長に再発防止策を報告後、報道陣に「輸送サービスレベルの抑制も検討する。長い編成のものを短くすることもあると思う」と話した。

共同通信