外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR北海道は21日、レール検査数値改ざんの調査結果を公表し、44部署ある現場の保線部署のうち7割超の33部署で改ざんが確認されたと明らかにした。判明済みの9部署から大幅に増え、保線担当者795人のうち約16%の129人が「改ざんの経験がある」と認めた。5人の解雇や、野島誠社長らの役員報酬減額を含め計75人の大量処分も発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信