外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR東海は16日までに、列車に衝突した鹿を線路の外に押し出す独自装置を開発したと発表した。衝突件数が多い紀勢線を走る特急「ワイドビュー南紀」の先頭車両に来年5月に取り付ける。衝突による運行の遅れを減らすのが狙いだ。車両断熱材などに使われるスポンジゴムを採用。自動車のバンパーのように列車の先頭部に取り付け、障害物を脇に押し出していくような角度に仕上げた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信