外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR東日本は24日、東日本大震災で被災し、バス高速輸送システム(BRT)で仮復旧した大船渡線と気仙沼線の一部区間について、現在のBRTを継続する案を示した。鉄道での本格復旧を事実上断念する内容。国土交通省で開かれた会合で、沿線自治体に説明した。深沢祐二副社長は、鉄道での復旧について「JRとして責任を持って提案できないと判断した」と記者団に語った。

共同通信