外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2005年に尼崎脱線事故があったJR福知山線で、30代の男性運転士が居眠り運転をしていたことが12日、分かった。乗り合わせた脱線事故の遺族がJR西日本に指摘し、発覚した。JR西によると、運転士は昨年12月15日午後、大阪発篠山口行き快速電車の北伊丹駅から宝塚駅の間で「3回ぐらいうとうとした」と話している。運行に影響はなかった。宝塚駅の次に停車した西宮名塩駅で遺族が車掌に指摘。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信