外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 尼崎JR脱線事故の報告書漏えい問題で、事故当時、JR西日本社長だった垣内剛元顧問(65)が意見聴取会前に、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)の委員に接触していたことが23日、同社の内部調査で分かった。別の同社幹部が旧国鉄出身の委員と接触していたことも判明。JR西の佐々木隆之社長(63)は23日午後、この事実を盛り込んだ経過報告書を国交省に提出する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信