外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2005年4月の尼崎JR脱線事故で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本の山崎正夫前社長(68)を無罪とした神戸地裁の判決について、検察当局は24日、控訴しない方針を固めた。控訴期限を過ぎた26日午前0時に無罪が確定する。神戸地検、大阪高検では控訴すべきだとの意見が強かったが、両庁と協議した最高検が「判決を覆すのは困難」として最終判断した。地検は近く事故の遺族や負傷者に理由を説明する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信