外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 独立行政法人、日本スポーツ振興センター(JSC)の河野一郎理事長(68)が、9月末の任期満了で退任する意向を固めたことが11日、分かった。JSCは、2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場(東京都新宿区)整備の事業主体。7月の整備計画の白紙撤回をめぐり、与野党などに責任者更迭を求める声が強く、事実上の引責辞任となる。東京大会組織委員会関係者が明らかにした。

共同通信