外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JTBは14日、不正アクセスにより最大で約793万人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。取引先の航空会社を装った海外からの「標的型メール」に添付されたファイルを、子会社の社員が開きウイルスに感染した。流出の恐れがあるのは氏名、住所、メールアドレス、パスポート番号など9項目で、このうち約4300人のパスポートは現在も有効。警視庁は不正アクセス禁止法違反などの疑いで捜査を始めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信