外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 発達障害で声量のコントロールが苦手な子どものために、発光ダイオード(LED)の明かりで自分の声量が分かる機器「ボイスルーラー(声の物差し)」を、愛媛大の苅田知則准教授(37)が開発した。秋に商品化する。准教授によると、発達障害の子どもは大声を出すなど声量を周囲に合わせるのが難しいことがある。「いじめの対象や引きこもりになることもある。学校を楽しく過ごせるシステムをつくりたい」と話している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信