外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 青森県は2日、三陸沖を震源とするマグニチュード(M)9・0の大地震が発生した場合、県東部の沿岸地域に最大で24メートルの津波が到達するとの被害想定を公表した。各市町村は想定を踏まえ、今後新しい防災計画を立てる。県の被害想定によると、津波は地震発生から40~50分で到達し、最も小さい東通村で4メートル、最も大きいおいらせ町で24メートル。東通村の東北電力東通原発への浸水はないとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信