外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東海沖から九州沖へ延びる「南海トラフ」で、将来発生が懸念される巨大地震の発生確率を検討してきた政府の地震調査委員会は18日までに、マグニチュード(M)9級とされる最大級の地震については算出を見送る方針を決めた。新たにまとめる、地震発生の確率などを示す「長期評価」には、「M8以上の地震」という形で算出し、南海トラフ沿いのどこかで今後30年以内に発生する確率は60~70%とする。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信