外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」が投資家から預かった資産を消失させた疑惑で、消費者問題に詳しい弁護士らが被害者弁護団を結成することが1日、分かった。8日午後に東京都内で会見して、問い合わせ先を公表するとしている。中心となるのは都内の弁護士で、12日午後には都内で被害者への説明会を開く予定。預かった資産の大部分を流用したとして、金融庁が金融商品取引業者としての登録を取り消した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信