外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク外国為替市場で円相場は急伸し、一時1ドル=81円台に突入、1995年4月下旬以来、約15年5カ月ぶりの円高水準をつけた。同日発表された米雇用統計の内容が事前予想を下回り、米経済の先行きに対する懸念が強まって、ドル売り円買いが加速した。円相場は一時81円72銭まで上昇した。午前10時20分現在は、前日比62銭円高ドル安の1ドル=81円75~85銭。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信