外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】ニューヨーク市で酒に端を発した病気や事件、事故により救急治療室で手当てを受ける人が年々増え、09年は03年の3・3倍に当たる約7万4千人(21~64歳の大人)に上ったとの調査結果を市が17日までにまとめた。市は関係機関や企業に酒の広告削減などの対策を呼び掛けた。調査は全米などを対象にした複数の統計をニューヨーク市が分析した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信