外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】18日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が量的金融緩和の縮小を見送ったことから急伸し、一時1ドル=97円76銭をつけた。8月下旬以来、約3週間ぶりの円高水準となった。午後5時現在は、前日比1円16銭円高ドル安の1ドル=97円91銭~98円01銭。ユーロは1ユーロ=1・3517~27ドル、同132円40~50銭。

共同通信