外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク外国為替市場で円相場は対ドルで急騰し、一時1ドル=106円半ばをつけ、約1カ月ぶりの高値水準となった。改善してきた米国の雇用情勢が急減速し、米国の追加利上げ観測が後退したため、ドル売りに歯止めがかからず、1ドル=108円台後半だった前日から大きく円高に振れた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信