外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米景気が改善しているとの見方から円売りドル買いが優勢となり、一時1ドル=100円73銭まで下落した。6月上旬以来、1カ月ぶりの円安ドル高水準。午後5時現在は前日比94銭円安ドル高の1ドル=100円57~67銭だった。1ユーロ=130円55~65銭、1・2974~84ドル。

共同通信