外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】9日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米国の長期金利の上昇で日米の金利差が拡大するとの思惑が広がり、ドルが買われ一時、1ドル=81円98銭をつけた。同市場としては10月13日以来、約1カ月ぶりの円安ドル高水準。午後5時現在は、前日比51銭円安ドル高の1ドル=81円65~75銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・3767~77ドル、112円42~52銭。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信